FC2ブログ


お悩み解決図書館


FXで一億円!100時間動画でシステムトレーダー養成講座DVD


   

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もともと負けることが前提のギャンブルです。


その点、パチンコは参加コストが3%といわれておりまして、
パチンコで生活できている人(パチプロ)が存在するのはこのためです。
しかし、パチンコをやるくらいなら、
投資をやったほうが絶対にいいです。


1つ目。個人がパチンコで100億円稼ぐことはほぼ不可能といえますが、
株取引なら(たとえ可能性が限りなく低いとしても)ありえる話です。
これは、投資はパチンコに比べてボラティリティ(上げ下げ幅)が高いためです。
さらに、投資ではレバレッジをかけることもできます。
レバレッジとは、自分の持ち金を何倍、何十倍にして取引できる機能のことです。
2つ目。パチンコやパチスロをやっても社会的に役に立つ知識として得るものは
少ないですが(北斗の拳やエヴァンゲリオンのキャラクターについて詳しくなる程度)
投資を始めるといやでも政治経済や海外情勢に関心を持たざるを得なくなり、
結果的に政治経済に強くなります。
初対面の人に仕事を聞かれて、
自分が「パチプロ」だとは少しいいにくいものですが、
「投資で暮らしている」というと、一目おかれることでしょう。
3つ目。先ほどの胴元の取り分の話で言いますと、
株の場合、手数料自由化によって、0.3%となります。




FX

システムの優位性を論破していきましょう。


では、今からこのシステムの矛盾点と、危険性を指摘し、
システムの優位性を論破していきましょう。


?ボラティリティの問題
サブプライムショックの8月中旬ですら、ドルは一週間かけて、
120円から115円近辺まで下げただけ、つまり値幅は5円でした。
1日でドルが10円も暴騰・暴落するなどは、まずよほどのことがない限りはありえないことです。


?そのような歴史的暴騰・暴落はめったに起こりえないので、システムは必要ない
そんなことが起こりうる事態として考えられるのは、
・日本・中国・韓国・タイ・インドネシアなどアジア圏全域での共通通貨が発表されたとか、
・天変地異や戦争…、たとえば北朝鮮がどこかの国に核を発射した(考えたくはないことですが)、
・米大統領が狙撃された、
など、世界を揺るがすような大事件が勃発したときでしょう。
そしてそのとき、株式・先物・金・商品・およびFX市場は、 恐ろしいほどに高い値幅の動きを見せるでしょ
う。
ですが、システムを確認するために、わざわざPCを立ち上げる必要はないです。



FX

すばらしい!最高のシステムだ!


先日とあるシステム販売サイトのキャッチコピーをみて。
それは、「たった1日で1000%の利益を、何度でも上げることができるシステム」と名づけられたものでし
た。
1日で1000%ということは、
100万円持っていれば1日で1000万円になり、
1000万円持っていれば、1日で一億円になります。
このシステムを、検証してみましょう。
まず、投資対象の選別ですが、日本の株式市場を選んでいては不可能に近いです。
東京証券取引所の制度には値幅制限がありますので、
投資対象は必然的にレバレッジの高い先物市場や外為市場ということになります。


FX市場を想定して、1日で1000%の利益を上げるためにはどうすればいいか考えてみます。
なぜFX市場を例に挙げるかといえば、FX市場はレバレッジが高く、
一部の取引業者では、レバレッジを100倍に設定することが可能だからです。
レバレッジが100倍ということは、10%の変動(1ドル=100円から110円へ上がる、もしくは100⇒90に下がる)が、
1000%の変動になるということです。
そこで、たとえば投資資金1000万円で、ドルのショートを100倍のレバレッジで持ちます。
この場合、一日で、ドルが100円から110円になれば、見事一億円を達成できます。
その売買タイミングを教えてくれるシステム…。
どうでしょうか。
以上の話を聞いて、
「すばらしい!最高のシステムだ!」と思われた投資家は、

今すぐ相場を撤退し、資金を銀行口座に戻したほうが身のためです。




FX

新しい道が開けます。


自分でシステムを組めるようになれば、新しい道が開けます。

話したこともない誰かが作ったシステムにただ漫然と従っているだけなら、申し訳ないですけれども、
それは奴隷としかいいようがありません。


この商品、「「FXで1憶円!100時間動画教室でシステムトレーダー養成講座」」では、
日本で初めて、システムトレードの構築法をお教えします!
「株・FXに興味がある・やってみたい!」
「投資で億万長者になりたい!」という方は、
ぜひ最後まで読んでみてください。
投資で1000万円損を出すのに5分とかかりません。
このレターを読むのにも5分かかりません。


この商品は、トレードシステムを組むことができる能力をはぐくむための100時間の動画教材です。
空前の、FXブームです。ネット上では、たくさんのトレードシステムが売られています。
「だって、自分でシステムを買ったほうが楽じゃん?」
「俺仕事あるし、投資の勉強とかだるいしさ…」
「システム作るのって、難しいでしょ?プログラミングとかできないし…」
こういった方が、巷の「完成したシステム」を買うのだと思います。





FX

次の2つをよく覚えて置いてください。


システムトレードで勝つには、真のシステムトレーダーになるには、
次の2つをよく覚えて置いてください。

1、理論編。投資の基本的なことをしっかりと学ぶ
トレードシステムの基本は、しっかりした投資知識にあります。必要な知識は特に、テクニカルな部分です。
どれだけすばらしいプログラマーであっても、投資のことをまったく知らなければよいシステムを作ることはで
きません。
ですので、投資の知識をしっかりと学んでください。このDVDでは、数十時間にわたってテクニカル分析につい
て詳しく解説をします。
古今東西の、ありとあらゆる投資理論について解説をしています。


2、システム編。プログラミングについて学ぶ
高価なシステムは不要です。また、高価なプログラミング技術もいりません。
この講座では、エクセルを用いてトレードシステムを作ります。
ラリー・ウィリアムズの名著、「ラリー・ウィリアムズの短期売買法」でも、エクセルを使ったシステムが多数
公開されています。
必要なものは、エクセルと、簡単な関数だけです。
このDVDのシステム編では、数十時間にわたって、エクセルでゼロからシステムを組んでいく方法を解説してい
ます。実際に、一緒にいくつかのシステムを作りますので、最終的にはご自分でシステムを作れるようになりま
す。これで、他人のシステムに依拠した投資から脱することができます。
別に、複雑なシステムだけがトレードシステムではありません。
エクセルで作ったシステムも、立派なシステムですし、実際ラリー・ウィリアムズも使っています。



FX

システムを組んでいくことができます。


この教材ではゼロからシステムを組んでいくことができます。

システム作成どころか、投資手法まで人任せになんて絶対にしません。

あなたが高価なトレードシステムを買っても勝てない理由は、
ラリー・ウィリアムズを見ればわかるでしょう。

そもそも、こういった条件になったら買いを入れて、ドローダウンはこの程度でストップを入れる。この条件で
売りを入れて、という仕組みに沿ってシステムは作られますが、

他人の作ったシステムを買うことは、この仕組みを人任せにしているわけです。


自分でまず、こういった条件であればこの程度の数字が出る、といった投資テクニックを持っているべきです。
それがまず前提にあり、さらにそれを自分でシステムに組み込んでいくことができなければ、システムトレード
なんてやる意味がまったくありません。





FX

ラリー・ウィリアムズ


勝率95%のトレードシステムなんてものは存在しません。
あなたは洗脳されているのです。


ラリー・ウィリアムズというのは、アメリカの有名な短期投資家です。
一年間で1万ドルを100万ドルにした記録も持っています。
彼はシステムトレーダーとしても有名ですが、
ラリー・ウィリアムズが、たとえばインフォカートのランキングで上位にある「勝率95%、10年間負けなし
!」と謳っているトレードシステムを買うでしょうか?
そしてそれを使ってトレードをするでしょうか?
よく考えてみてください。


ラリー・ウィリアムズは、他人のシステムを買ってトレードを行うことなどありません。
彼は、自分でシステムを組みます。たいていエクセルです。
たまに他人にシステムを作ってもらうこともあるそうですが、それはしっかり自分でシステムを組むことができ
て、どうしてもプログラミングが難しい部分を任せるだけです。





FX

自分でシステムを作ることができなければ、勝つことなんてできないのです。


2番目に、裁量トレードに頼っていることがあげられるでしょう。
システムトレードの優位性はすでにあらゆる場において立証されているので、いまさら裁量トレーディングで戦
っているのでは勝ち目はありません。

ですがこの手紙をお読みになっている方には、
1、投資の基本も勉強し、
2、裁量をやめてシステムトレードをされている方もいらっしゃるでしょう。

だけど、それでも勝てない…


この理由も二つです。
おそらく、システムトレーダーの大半は、
誰かの作ったシステムを購入して、トレードをしていると思います。
勝てない理由は、
1、購入したシステム自体が詐欺であるか、
2、自分でシステムが作れず、他人の作ったシステムに頼っているから
です。
1の場合、悲惨です。そもそも勝つことができない詐欺システムなのに、
使えるシステムかどうかを自分で判断することができないために使い続け、
結果全財産を失って相場を撤退するケースです。
2は、トレードシステムを購入しても勝てない理由を端的に示しています。
つまり、自分でシステムを作ることができなければ、勝つことなんてできないのです。



FX

数万円もする高価なトレードシステム


数万円もする高価なトレードシステムだから、絶対に勝てるに違いない
売れているトレードシステムは、きっとすばらしいから売れているのだ
投資の基礎を全くしらなくても、システムさえ良ければ勝てる
システムトレードなんて不要。裁量がいちばんいい投資法だ
自分でシステムを作れなくても、他人の作ったシステムがあれば成功できる

これらは、世の中の間違った情報や常識から、一般的な負けている投資家の多くが
陥っている、間違った常識です。



投資家が悪いのではありません。間違いを広めた書籍や情報が悪いのです。

その原因は二つあります。
1、投資の基本的なことをまったく勉強していないから
2、システムトレードでなく、裁量トレードに頼っているから
です。
まず1ですが、投資の基本をまったく知らずに、投資を始めてしまうトレーダーがやまほどいます。
ローソク足や、グランビルの法則、ヘッドアンドショルダーなどといったテクニカル分析や、
ファンダメンタルズ分析など、投資の基本的なことをまったく知らなければ、当然ながら勝ことはできません。




FX

株式投資の仕組みを勉強


この章では、じっくり、株式投資の仕組みを勉強していきます。
ここで、言葉をたくさん身につけてください。
このセールスレターを読んで、ちんぷんかんぷんだった人も多いかと思います。
ローソク足?移動平均線?FX?
そういった、ごく基本的なことをじっくり解説していきます。
いわば土台、基本ですから、しっかり学ぶようにしてください。


ソフトにはいろいろとお勧めのものがありますが、
この商品では、マーケットスピードの使い方について解説をしています。
なぜ私は数ある証券会社の中から「楽天証券」を選び、マーケットスピードの教材を作ったのか?
それは、大多数の勝ち組投資家が「マーケットスピード」を使っているからです。
動画を見ていただいたと思いますが、BNFさんが代表的なマケスピユーザーです。
先ほど例に挙げた三村氏、hiroppi氏、そして100億円のBNF氏、
彼らがみな「マーケットスピード」を使っているのです。
投資を成功させる何か秘密が、マーケットスピードにはあるのかもしれません。
さらに、マーケットスピードには、RSSという機能がついています。
リアルタイムスプレッドシートと呼ばれるものですが、この機能があればシステムを組むときにいろいろと役に
立つのです。
というわけで、マーケットスピードの使い方を重点的に解説させていただきます。
ほとんどのソフトウェアが使い方が似通っているので、あなたがイートレード証券を使っていても、ひまわり証
券を使っていても、どの証券会社を使っていても、この動画から得るものは大きいと思います。


いよいよテクニカル分析に関して学んでいきます。
ここでは、ローソク足、移動平均線、グランビルの法則など、
ごく基本的なことを学びます。基本がすべてです。
ここで学ぶテクニカル分析の手法は、デイトレ、スイング、株式、先物、FX、すべての投資に使えます。
もちろん、ここで覚えた手法を、そのまま使ってはいけません。システムで検証するために、覚えるのです。
システムを組みたいときに、「MACDって何だったっけ?」という状態では話にならないのです。
ですから、ここで、テクニカル分析の基本中の基本を身に着けてください。
ローソク足、出来高、ゴールデンクロス、グランビルの法則、移動平均線。
あなたがこの中でひとつでも説明できないものがあったなら、投資をするのはやめておいたほうがいいです。




FX

前ページ | ホーム | 次ページ
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。