FC2ブログ


お悩み解決図書館


FXで一億円!100時間動画でシステムトレーダー養成講座DVD


   

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


昨今の書籍には閉口しています。


もはや、自分がはじめに買った株価の300円は遥か遠くにあり、気がつけば株価は220円にまで落ちていました。
後場が終了する午後3時前、私は損切をしました。結果、30万円の含み損がでました。
一億円の資金を持っている人にとっては、30万円という金額はたいしたものではないかもしれません。
しかし、株はパーセンテージで考えなくてはいけません。

当時の私の総資産は100万円程度でした。
つまり、たった一日で、30%の資産を失ったことになります。
一億円持っている人が、たった一日で3000万円損した計算になるのです。
一日の、しかもたった30分程度のトレーディングで総資産のうち30%を失うなど、
相場から撤退したほうがいいと思えるほどに、大きな負けになります。

それでもデイトレードを続け、結局投資資金のすべてを失い、私は相場を去りました。

以上、私の「一度目の失敗」のお話をしました。

この失敗から学べる教訓は、「無知」。無知が呼んだ負けだと、結論することができるでしょう。

さらに、この私の失敗例から何を学んでほしかったかといえば、
「何も知らない初心者が、上級者が読むような本に手を出すと失敗する」ということです。
つまり、私の主張は、「基本をまず徹底せよ」ということを強調したいわけです。

投資は自己責任です。自分の負けを、本、ライター、出版社の責任にすることはできません。
しかし、投資ブームを作り出して、安易な本を乱発し、
何も知らない個人投資家にあたかもすぐに大金をつかめるかのような錯覚を起こさせている、昨今の書籍には閉
口しています。


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

FX

「仕手株で儲ける本」


さらに、「仕手株で儲ける本」などという書籍も出版されています。
これは、トンデモ本の一種です。
仕手株への投機を薦めるなど、ある意味では犯罪に加担することにもつながり、私には信じられません。

私は絶対に、初心者が仕手株に参加することを薦めません。
ですが、初心者の私は、ランキング情報で上位にあった株を買いました。
その株は有名な仕手株でした。ですが私は、仕手株という言葉さえ知りませんでした。
私が買った次の瞬間、株は下がり始めました。驚きました。
なぜだ?と思いました。どれだけ自問自答しても、株は乱降下していきます。
「損切しよう」と思ったころには、もう損切できるレベルではない価格にまで落ち込んでいました。

そこで、私は「ナンピン」を考えました。
「意味はよくわからないけれど、有名な人が出してた10万円もする本に書いてあったんだ、
きっとうまくいくに違いない」
そう思いました。私は、その仕手株を買い増しました。
次の瞬間、その株はさらに下げ始めました。二回目の下げが始まったのです。


FX

仕手株の存在


私はそのころ、仕手株の存在についてもまったく知りませんでした。

仕手株というのは、「仕手筋と呼ばれる連中が株価を意図的に吊り上げる行為に選ばれた銘柄」のことです。
仕手株はボラティリティが高く(値動きが激しく)、特に材料があるわけでもないのに急激に値上がりするので
、デイトレードに向いているといわれていますが、
同時に、何の前触れもなく突然乱降下するので、非常に危険な銘柄です。
仕手筋は、株価を吊り上げる何日か前に株を買って仕込んでおき、吊り上げた時点で高値で売り抜けるわけです。

このような、仕手筋のやっていることは証券取引法にひっかかる、立派な「犯罪」行為です。
こんな犯罪がまかり通っている日本の株式市場の現状には、正直辟易します。


FX

◆100時間・動画FX教室


薄い本を読んだだけの初心者の私は、次の日、二度目のデイトレードに挑戦しました。
結果は3万円の負けです。

私は、完全な初心者でした。日経平均の意味も、テクニカル分析も、ファンダメンタルズ分析も、
FXの存在も、先物取引のことも知りませんでした。
ただ私が知っていたのは、「白くて大きいローソク足が出たら買い」
という、非常に大雑把な知識だけでした。こういったローソク足のことを「大陽線」と呼ぶのですが、
こんな単純な知識だけで、相場に臨むというほとんど自殺行為に近いことをしていました。

投資を始めた当初は運よく掛け金が少なかったので、大きな痛手を踏むことはありませんでしたが…。
負け続け、含み損が20万円になったとき、某有名トレーダーの発売していたデイトレード商材を購入しました。
価格は、15万円。それでも、一流トレーダーのワザを盗めるのならば高くないと思いました。

15万円の商材、その中身は、30ページほどのpdf文書でした。
その商材では、ナンピンを薦めていました。ナンピンとは、もし買った株が下がっても、
さらに買い足せば、上がったときに利益が出る、という手法です。
ナンピンは、上級者のテクニックです。
(ちなみに、私個人はナンピンをして得をしたことは

一度もありませんので、上級者の方にも、私はナンピンをオススメはしません)
損が出たら買い増しなどせず、あきらめて損切ったほうがいいと思います。
当時の私は、投資のことなどまったく知らない、初心者でした。
ローソク足程度しか投資の知識がない初心者にナンピンを教えるなど、

サルに核スイッチを持たせるような行為で、非常に危険です。
それならばむしろ、無駄な知識など知らないほうがいいのです。
ですが私は、次のトレードのとき、さっそくナンピンを実践したのです。しかも仕手株で。


FX

◆100時間・動画FX教室


─────────────────────────────────────
◆100時間・動画FX教室
─────────────────────────────────────
近年のデイトレード・ブーム、投資ブームは、
証券会社と出版社が組んで作った、仕組まれたブームなのではないかとさえ、黒岩ヒロトは思っています。

ブームに乗せられた何万人もの個人投資家が、損を出して、相場を去っていくのです。
投資で成功できる個人投資家は、全体から数えてほんの一割だという統計はよくみかけます。
しかし、恐れないでください。裏を返せば、一部の投資家は勝てている、ということです。
基本をしっかり学び、ステップアップしていけば、あなたも必ず、私のように、投資に勝てるようになれます。
(余談ですが、「競馬の必勝法」という教材は、絶対に買わないでおきましょう。

競馬には必勝法などは、ありません。競馬の場合、親はJRAになりますが、馬券を買った時点で、取り分の半
分をJRAが持っていくのです。はじめから負け るギャンブルをしている、ということに気づいてください。

「必勝法」など、あるわけがないのです。いつかは必ず負けるシステムになっているんです。勉強す るのがい
やな人、経済が苦手な人は競馬に走りやすいですが、悪いことは言わないのでレクリエーションの範疇に留めた
ほうが身のためです。競馬で生計を立て ているという人の話よりも、株で生計を立てている人のほうが圧倒的
に多いことから考えてもわかることでしょう)

では続きを話します。


FX

上がるか下がるかの二択


次の瞬間の株価。これは、上がるか下がるかの二択、50%である。
しかし相場に参加してポジションを持つ場合は、手数料、板、スリッページ、スプレッドなどが複雑に関わって
くるために、
勝率は5割を切る、つまり負ける確率のほうが高い、ということになります。
ですから、株式投資を丁半ゲームだと勘違いし、何も考えずにただ漫然と買って、漫然と売ってを繰り返してい
たら、
一瞬のまぐれ勝ちが続いたとしても、大きい目で見れば資金がどんどん減っていくことになるわけです。
ですから、ここに、「相場分析」が必要になってくるわけです。
どんな賭け事でもそうですが、絶対に勝つのは、親です
(今、私は、株式投資のことを「賭け事」といいました。
異論はあるでしょうが、デイトレード・スイングトレードなど
いわゆる短期投資はギャンブル性が非常に高いのでそう呼ばせていただきました)


資金をたくさん持っている個人投資家?
いいえ。
仕手筋?
いいえ。
答えは、取引のたびに手数料を取る、証券会社です。
証券会社の勝率は、実に100%です。
個人投資家が買っても、負けても、証券会社には手数料が必ず
入るため、勝率は100%になるわけです。
楽天証券、イートレード証券、外為どっとこむ…。星の数ほどの証券会社がありますが、
これらの会社が躍起になって、個人投資家に口座を開かせようとする理由が、これでわかったと思います。
個人投資家が、自分の証券会社に、どんどん口座を開いて、どんどん取引をしてくれれば、
どんどん手数料が入り、どんどん会社が儲かる。
個人投資家が利益を出しても、個人投資家が損を出しても、
日経平均が上がろうが下がろうが、NYダウが暴落しようが中国市場が高騰しようが、
証券会社は損をせず、取引のたびにプラスの手数料を得るのです。



ネット証券が広がる以前は、株式投資といえば長期投資が主流でした。
一度株を買えば、持ち続ける。これが当たり前だったのです。
家にいながらマウスクリックひとつで注文を出して、その5分後に売る。そんな芸当はムリだったのです。
昔は、証券会社に出向いての対面取引か、電話での取引でした。
そんな状態では、デイトレードなどできるわけがありません。そのぶん、一回の取引手数料が高かったのです。
現在は、ネット証券の爆発的な広がりによって、個人投資家が増え、それにあわせて手数料の自由化がされて、
ずいぶん一回の取引手数料が安くなりました。
証券会社としては、個人投資家が増えて、どんどん取引をやってくれたほうが好都合です。
「買って、持ち続ける」という昔ながらのスタイルの投資家は、
証券会社的にはあまりいいお客さんではないのです。
だから短期投資家が増えてくれたほうが、証券会社にとっては好都合なのです。
相場のトレンドが上がっても、下がっても、横ばいでも、一律の手数料が入ってくる。
証券会社は、今後どんな暴落がこようが、絶対に勝てる、儲けを出すことができるわけです。






FX

丁半ゲーム


「こんなもの丁半ゲームだろ?勉強なんてする必要ないよ」
「ずっとやってればいつかは勝てるんだ!」私はこのように思ってました。
だけど、何度やっても勝てない、勝てない、勝てない。負けが続く。
さいころを何度振っても、奇数ばかりが出る状態です。
負けが連続で続き、含み損が10万円にふくらんだところで、
ようやく気がついたのです。これは、勝率フィフティ・フィフティの丁半ゲームではない、と。
勘違いされている人が多いのですが、
実際は、株式投資は「上がるか・下がるか」の丁半ゲームではありません。
確かに「次の瞬間、株価が上がるか、下がるか?」という視点だけに限れば、
これは「丁半ゲーム」かもしれません。


株価が動くとすれば、105円に動くのか、95円に動くのか、いずれか二択です。
もちろんそのときの相場の地合によっては、偶数が出続ける、
もしくは奇数が出続けることはあるでしょうが、
とりあえずは二択であるといっていいでしょう。
しかし、だからといって、「勝率」も二択なのか?
株で勝てる確率も、50%、「勝つ」か「負ける」かの丁半ゲームなのか?
と言われると、これは間違いです。
道理では、100円の株が70円まで下がるためには、
95円、90円、85円、80円、75円…と、徐々に下がるプロセスを踏まなければいけないはずです。
95円に下がった、買う人がいないので90円に下がった、そこでも買う人がいないので85円に下がった…、
と徐々に下がっていくはずです。
しかし、一部仕手株などでは、
100円の株が、95円~80円の価格帯を全てすっとばし、
いきなり70円にまで下がることもあります。天井付近で売り抜けようとする仕手筋が
あまりにも大量の売りをぶつけると、相場がストップします。


危険を感じて売りを出そうとしても、注文は通りません。ポジションを引っ込めることができないまま、
悪夢の15分後に、95円、90円、85円、80円の価格帯をすべてすっ飛ばし、
いきなり70円をつけることもあるからです。
このように、相場は道理にかなわないことが多数存在します。
さらに実際の株式投資では、証券会社が取る手数料や、
売買のタイミングから生じるずれ、板システムの不都合、
証券会社の遅れや、いわゆるスリッページなどが絡んできます。
たとえばXYZ社の株を100円で買うとします。
次の瞬間、XYZ社の株が105円になれば利益が出ますが、95円になれば、損が出ます。
重要なことは、100円のままだと、手数料分、損が出るのです。
株価が100円から105円に上がった。一瞬上がったように見えますが、あなたは売れないのです。
先に注文を出した人から売れていくわけです。ですから、100円で買って、105円で売り注文を出せば、
それが確実に売れるには、110円まで上がらないといけないことになります。
ほかにも、逆指値を使った取引のときに、スリッページ問題も生じてきます。
今は現物の場合の話をしましたが、FXの場合、似たようなシステムとして、スプレッドも絡んできます。
今挙げたいろいろな条件を加味すると、勝率は50%を下回ることになります。




FX

◆100時間・動画FX教室


最近、FXで何十億円稼いだ主婦が話題になりました。投資の世界には相変わらず男性が多いですが、
実は女性の方が投資に向いている部分が多いのです。
なによりもまず、男性は負けず嫌いで、
プライドが高く、自分のミスを認められない傾向があります。
相場でミスをしたときでも、自分のミスを認められず、損切りができない。
その点、女性は柔和です。ミスをミスとして受け止め、すぐに損切れます。
男性のようにガチガチにプライドの塊のような女性は少ないです。
投資をする際、もっとも不要なものがこの「余計なプライド」なのです。
また、女性は男性に比べて計算が得意です。
女性は、家計を握る身なので、男性よりもお金の使い方がうまい点もあります。
最近、女性、特に主婦の方が何億円稼いだという話をよく聞きます。
ですので、「FXで1憶円!100時間動画教室でシステムトレーダー養成講座」は女性の方にもお勧めしたいと思い
ます。



今の時代、もはや投資をするか、ビジネスをするかしか、負け組が勝てる方法はありません。
しかし、リアルなビジネス、たとえばレストランを始めるとか、そういったビジネスは壁が高すぎます。
ニートは協調性がなく、対人関係が苦手ですから、できるのはネットビジネスということになるでしょう。
ですから私は、まずネットビジネスでお金を貯め、そのお金で投資を始めるのが最短コースだと思います。


堀江貴文が著書「100億稼ぐ仕事術」で、こういっていました。
「今もしも無一文になったら、ぼくはまずアフィリエイトをやります。で、それで儲けたお金でデイトレードを
やります。
これでまた億万長者です」
年長ニート・フリーター。無職になってしまったら、もはや正社員の道は閉ざされ、ろくな仕事に就くことはで
きません。
あなたは、今すぐに、投資、もしくはネットビジネスの勉強を始めるべきです。それしかありません。
この商品は、投資の勉強をいちからできる商品です。



FX

ニートは、企業家にいちばん近い資質を持っている


正社員、派遣社員、フリーター、ニート、主婦。
この中で、一番億万長者に近いのは、誰だと思いますか?
正解は、ニートと主婦です。
まず、ニートは、企業家にいちばん近い資質を持っているからです。
・協調性がない
・人に従うのが嫌い
・自己中心的
まさに、企業家の資質をそのまま備えているといえるでしょう。
さらにニートには、莫大な時間があります。
投資は、サラリーマンが片手間にやるものではありません。
もちろん、小金を稼ぐことは可能でしょうが、「億」という金をつかむには、
専業の投資家になるほかないのです。
何からも束縛されていない、ニートがもっとも専業投資家になりやすいのです。


100万円から初めて100億稼いだBNFさん、
20代で20億稼いだ神王リョウさん
三年で三億円稼いだ三村さん、
hanabiさん、
工場に勤めながら四畳半の部屋で三億稼いだフリーターのhiroppiさん。
さらに、あの堀江貴文も投資家でした。
投資成功者のほぼ全員が、ニート、フリーターからの出発なのです。
この理由はやはり、ニートは時間があるので専業投資家になれる点と、
「企業家資質」を兼ね備えている点ではないでしょうか。
ひとりでずっとモニターに向かっていられる精神力を持っているはずです。
これが、ニートがもっとも億万長者に近い理由です。



FX

どれにお金を使うのが得策か


<胴元の取り分>
宝くじ 50%
競馬 25%
パチンコ 3%
投資 0.3%
どれにお金を使うのが得策か、これでおわかりいただけたと思います。




負け組は投資かネットビジネスをするしかない
正社員、派遣社員、フリーター、ニート…。
小泉・竹中政権が郵政民営化の裏でぶちたてた格差社会が問題になっています。
彼らの本来の目的は郵政民営化などでは決してなく、負け組をいじめ、格差を拡大させることが目的だったので
す。

それなのに、2005年の総選挙では、負け組ほど小泉政権を応援していた。
自民党は無所属とはいえライブドアの堀江貴文被告を刺客に打ち立てました。
あれは負け組からの票集めのため、いわゆる客寄せパンダです。

堀江貴文はニートから億万長者にのし上がった人物ですから、
フリーター、ニートら、負け組票を集めるのには十分だったといえるわけです。
何がいいたいのかといえば、政治は腐っていて、今後も自民党は政権をとり続け、格差は拡大し続けていく、と
いうことです。

あなたがフリーター、ニートであるなら、企業からいい具合に扱われ、捨てられるだけです。
正社員と、非正規雇用者(フリーター、ニート)の経済的格差は、
今後も拡大していくことでしょう。
フリーター、ニートには地獄が待っていることでしょう。



FX

| ホーム | 次ページ
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。